自転車講習制度はじまります

150609-jitensha
平成27年6月1日より自転車運転者講習制度が制定されました。
自転車運転中に信号無視等の危険な交通違反を3年以内に2回以上繰り返した14歳以上の者に対して都道府県公安委員会が、交通事故防止のための講習を受けるように命令します。

受講命令に従わない場合は、5万円以下の罰金に処せられることがあります。

受講命令を受けた者は、3時間の講習と講習手数料として5700円を支払う義務があります。

講習の対象者はこんな人

講習の対象者は

○14歳以上の者
○信号無視などの危険な交通違反で3年以内に 2回以上交通取締りを受けた者

(危険な交通違反が原因で交通事故を起こした者も、交通取締りを受けた者に含まれる場合もある。)

とされています。

取締りの対象となる危険な交通違反として、

○信号無視

○通行禁止違反

○通行区分違反

○指定場所一時不停止

○酒酔い運転

○安全運転義務違反

などがあります。

まとめ

今まで手軽に誰でも乗る事のできた自転車ですが、これからは規制内容を理解した上で自転車に乗らなければいけません。

今まで気にもしていなかった事がこれからは違反となる可能性があります。

講習の対象となる条件に満たない小・中学生は今からしっかりと交通ルールを把握し、練習しておく必要があります。

自転車が原因の事故で数千万円の慰謝料を請求されているケースもあり、もし事故をおこしてしまった時の為に損害賠償責任保険の加入は必須となります。

加害者にならない為に傘をさしての運転や電話をしながらの運転はやめ、正しいルールを再認識して自転車に乗りましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA