借りた車や業務中の事故での損害の請求先は?

image

こんにちは!

兵庫区大開通でむち打ち治療を行っているたかはし整骨院です!

 
交通事故により示談が成立し、多額の示談金額を請求できたとしても加害者に支払い能力がなければ意味がありません。

 
加害者本人以外に請求できる相手がいる場合はその人に請求した方が良いでしょう。

 

車の保有者は車が盗まれたり、車の修理中などのほかはその車が起こした人身事故について責任を負う事になります。

 
ですので、加害者に支払い能力がない場合は、車の保有者に損害賠償を請求する事ができます。

 

また加害者が業務中に事故を起こした場合、加害者を雇っている会社には使用者責任がある為、被害者は会社の社長などに損害賠償を請求する事ができます。

 
加害者が正社員ではなく、パートやアルバイトの場合も同様です。

 
このように加害者自身に支払い能力がなくても車の保有者などに請求する事ができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA