肩の痛みを根本から治療できる整骨院です
肩の痛みを根本から治療できる整骨院です

当院では症状に対してではなく症状を引き起こしている原因に対して治療を行う事で根本から改善していきます。

当院では治療するだけでなく、患者様が日常生活の中で姿勢などに気をつけていただき、治療後にお伝えする簡単な運動を行っていただく事でさらに早期に改善する事ができます。

こんな人が肩の治療で来院されています

 最新の治療技術を習得した国家資格者が治療しますので、肩の痛みの不安を安心してお任せいただけます。
最新の治療技術を習得した国家資格者が治療しますので、肩の痛みの不安を安心してお任せいただけます。

慢性的な肩こりや五十肩、石灰沈着性腱板炎、野球肩など肩に関して様々な症状の患者様が来院されており、改善例が多数あります。

五十肩

五十肩の痛みも改善できます
五十肩の痛みも改善できます

50代、男性

1週間前から右肩にうずくような痛みがあり、夜は眠れないほどの痛みに襲われるとの事で来院されました。

原因の確認

詳しく問診させていただくと、1ヶ月ほど前から右肩に軽い痛みや違和感があり、夜は横向きの方が寝やすく、右肩を下にして寝る事が多いとの事でした。

お仕事はデスクワークが多く、以前から腰痛があり、猫背は学生時代から気にされていたようです。

右肩が現状どの程度動くのか検査してみると、横へは地面と平行ぐらい、前後へは上げる事があまり出来ず、前後30°ぐらい動かすと痛みがでるといった状態でした。

さらに骨格を検査すると左肩よりも右肩の方が前に出ており、骨盤は正常な位置よりも後ろに倒れている事により背中が丸くなる原因となっている事が判明しました。

治療方法

治療はまず手技により表面のカチカチに固まっている筋肉をゆるめていく事から始めました。

表面にある大きな筋肉をある程度ゆるめ、次は深部の固まっている筋肉をほぐす為に、ワディットを使用しました。

この時点で肩甲骨の動きはかなり改善され、肩にも動きが出てきました。

右肩の前方突出が残っている為、最後にバイタルリアクトセラピーで全身の骨格を調整します。

調整後、前方突出は改善され、前後、外側への可動範囲が大幅に改善されました。

治療後

この患者様の場合、右肩に熱をもっており炎症があった為、1度の治療では痛みを0にする事は出来ませんでしたが初回治療後の夜、普段よりもうずくような痛みが少なく久しぶりによく眠れたとの事でした。

週に2回継続して治療を行い、約2週間後にはうずくような痛みはほぼ無くなり、可動域制限だけが少し残るといった状態まで改善しました。

2週間後からは週に1回の治療とし、初回から1ヶ月半が経過した頃には可動範囲はほぼ正常となり、肩の痛みやつまり感など無く、スムーズに動かす事ができるようになりました。

肩は安静に保つ事が難しい為、炎症がぶり返しやすく治療期間が長くなるケースが多いですが早期に適切な治療、処置を行う事で短期に改善する事ができます。

今回のケースでは初診1ヶ月前に肩に違和感を感じたという事ですので、その時点で来院されて治療を行っていれば悪化を防げていた可能性もありますので、体の不調、変化を少しでも感じた時点でなるべく早くご来院いただければと思います。

石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎を根本から治療します
石灰沈着性腱板炎を根本から治療します

60代、女性

肩をひねったりぶつけたりした訳でもなく、突然肩が痛くなり上げる事もできないという事で来院されました。
動きを見てみると肩を上に上げようとすると激痛がはしり、ほとんど動かす事ができません。
また皮膚は赤みがかっており、炎症がおこって熱をもっていました。

原因の確認

肩関節には石灰が沈着する事があり、その可能性が疑われる為、一度整形外科でレントゲンを撮ってもらうようお伝えしました。
レントゲンを見てみるとやはり石灰が溜まっており、それが痛みの原因となっている事が判明しました。

治療方法

整形外科では痛み止めの飲み薬とシップ薬を処方され、特に治療はされなかったとの事ですが、当院では、石灰は流れが滞っている事により溜まっていくと考えており、正常な体に戻す事により自然と吸収される為、体のバランスや姿勢を正す事を優先的に治療を進めていきます。
ワディットで細胞を活性化させ、代謝を上げる事により石灰が早く吸収されるよう促します。
また、バイタルリアクトセラピーにより骨格を矯正し、体のアンバランスによる血流の滞りを解消します。
この患者様の場合、うずくような痛みが強く、日常生活に支障がでていた為、始めは週4回治療しました。

治療後

2週間ほど経過した頃には痛みが落ち着きだし、動かせる範囲も徐々に改善がみられた為、週2回の治療としました。
初回から1ヶ月後、痛みは無くなり、動かせる範囲も正常まで回復したので治療終了としました。
肩に湿布を貼ったり、痛み止めを飲む事は対症療法であり、根本的な解決とはなっていません。
たとえ一旦症状が落ち着いたとしても、原因が残っている限り必ず再発します。
当院では原因を見つけ出し再発のないよう治療していきますので、もし肩の痛みでお悩みでしたらお早めにご相談ください。

肩の治療の主な内容

基本は直接体を触診させていただいて原因となっている筋肉に対して指圧などを行い、手技療法で痛みの根本にアプローチします。
当院で行っている方法は単なる指圧とは異なり、筋膜リリースというテクニックで治療します。
筋肉だけでなく筋肉を包んでいる筋膜も同時にゆるめる事で単に指圧を行うよりも治療効果が上がります。
また、動きが悪くなっている肩や肩甲骨を動かす事によって改善する運動療法なども行います。

バイタルリアクトセラピー

肩の治療にも最適なバイタルリアクトセラピーの施術
肩の治療にも最適なバイタルリアクトセラピーの施術
高精度のコンピューター治療器により背骨を正常な位置に矯正します。

背骨は積み木のように積み重なって構成されており、1つ1つの背骨に機械を当てる事により、どの骨がうまく動いていないかを探し当てます。

問題のある箇所に低刺激の振動を当て、動きを改善していきます。

背骨は正常であればS字にカーブしているのですが、カーブが少なくなりまっすぐな状態になったり、逆にカーブが強くなると肩が上がらなくなったり、不調の原因となります。

背骨を矯正する事により正常なカーブを取り戻し、肩関節周辺の問題を取り除く事ができます。

ワディット

肩の治療でも活躍するドイツから来た電気治療器
肩の治療でも活躍するドイツから来た電気治療器
ワディットは医療先進国であるドイツで開発された最新の電気治療器です。

これまでの電気治療器は表面の筋肉にしか刺激が伝わらず治療効果が出にくかったのですが、ワディットでは電気刺激が深部まで届く為、コリを根本から取り除く事ができます。

また、コリをほぐすだけでなく、痛みをブロックする電気、代謝を上げて体質改善を目的とした電気、筋力増強を目的とした電気など様々な種類の電気を搭載しておりますので用途に合わせて使い分け、さらに治療効果を高める事ができます。

肩に使用する場合は、熱感があれば痛みをブロックする電気、動きを改善していく場合は細胞を活性化させる種類の電気を用います。

場合によっては、電気を流しながら肩を動かす運動療法を行う事もあります。

ワディットと運動療法を組み合わせる事で治療効果が高まり、1度の治療でも改善がみられます。

電気刺激はチクチクとした刺激ではなくジワっと広がるような心地よい感覚ですので、電気が苦手な方にもおすすめです。

肩の不調の主な要因

当院では、肩の不調の主な要因は体のアンバランスからくるものだと考えております。

まず姿勢が崩れる事により背骨がゆがみます。
背骨がゆがむと肩を動かしにくくなり、使える範囲が狭くなります。
使える範囲がせまくなると血流が悪くなり、筋肉やその他軟部組織といわれる物が硬くなり、最終的には痛みとして現れ、五十肩と診断されます。

このような流れで肩にトラブルが起こる事が多く、日常生活の中で普段から肩を大きく回すなどの体操を行う事で、ある程度は予防できると思います。

もし、肩に痛みや可動域制限などのトラブルが起きた場合はワディットとバイタルリアクトセラピーを組み合わせて治療する事をおすすめします。

ワディットでは、手では刺激を加える事のできない深部の筋肉をゆるめます。
肩を動かすと肩甲骨も連動して動くのですが深部の筋肉が硬くなると肩甲骨の動きを制限させる為、結果的に肩の動きが悪くなります。
その制限の原因となっている筋肉にアプローチできるのがワディットです。

バイタルリアクトセラピーでは、土台となっている骨盤の傾きから治していきます。
全身のバランスが整う為、骨格のゆがみから起こる肩のトラブルを解消します。

当院では根本から不調を取り除く治療法があります。
お一人お一人に合った体操法などもお伝えさせていただきますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。