寝ている時の腰痛・肩こりについて

こんにちは!

神戸市兵庫区で背骨矯正をしているたかはし整骨院です!
今回は寝ている時の体のゆがみについてお伝えします(^^)

 
みなさんは夜、布団に入った時に仰向けならば体をまっすぐにして寝れていますか?

 

例えば仰向けの状態で少し両足を左右どちらかに寄せて体をくの字にした方が楽、頭を左右どちらかにずらした方が楽といった事はないでしょうか?

 
また横向けの状態で寝た方が楽といった方もいるのではないでしょうか?

 

 

このような状態を長時間とっていると腰痛や肩こりにつながる事があります。

 
右を向いて横向きが楽な方は立っている時に左肩が下がっている方が多く、左を向いて横向きが楽な方は右肩が下がっている方が多いように思います。

 
右を向いて横向きの状態は枕が頭を上げているのでそのまま立った状態を思い浮かべると左肩が下がっている事になります。

image

image

 

必ずしもそうではないですが、そのように歪んでいる傾向が多いように思います。

このように歪みがありその状態を維持し続けると必ず腰痛肩こりなどの症状につながります。

 

ですので症状がでている方はもちろんですが、症状がまだでていない方も歪みがあるかどうかを検査し、バイタルリアクトセラピーを一度受けられる事をオススメします( ^ω^ )

 

 

早めに治療をすると治りが早く予防にもなります!

 

 

寝ている時にクセがある方は改めて鏡の前で左右の肩の高さなどを見てみるのもいいかもしれません(^^)

 

 

ねこ背などゆがんだ姿勢は楽なので治すには根気がいりますが、ぜひご相談くださいね(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA