昔のケガが原因かもしれません。

こんにちは!

神戸市兵庫区で根本治療を行っております、たかはし整骨院です(^^)

 

みなさんは子供の頃転んだり交通事故によるむち打ちなど大きなけがをされた事はありますか?

 

実はその時にうけた衝撃などにより体がゆがんだまま成長しているという事があります。

 

 

カイロプラクティックの創始者D.Dパーマーの息子であるB.Jパーマーは人の体を木に例えて、

 

“小枝は曲がっても成長する”

 

と言いました。
木は曲がっていても曲がっていなくてもどんどん成長していくといく事で、人に置き換えると子供の時のけがによりゆがみがあってもそのまま大人になり、いずれ何かしらの症状となってあらわれるという事です。

 

 

人生の中で一番始めのけがは出産時です。
産道を通過する時に頚椎(首の骨)の1番目を傷める可能性があるといわれています。

 

当院には小学生が肩こり腰痛などで来院するケースも少なくありません。
普段の姿勢が原因だと思いますが姿勢を崩す要因として昔のケガが絡んでいるかもしれません。

 

 

治療効率が上がりますので直接お聞きしますが問診票に詳しく書いていただけるとありがたいです(^^)

 

 

ご自身の体を知る手がかりとして、一度昔のケガについて思い返してみるのもいいかもしれません(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA