五十肩は早期治療&予防が大事!

image

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院スタッフの亀井です\( •̀ω•́ )/

四十肩、五十肩という言葉を聞いたことがあると思います。

正式名称を肩関節周囲炎といいます。

肩コリとは違う痛みがある、肩を動かすと痛む、肩が上がらない、等の症状で来られる患者さんのほとんどは五十肩です。

五十肩には3つの時期があります。
炎症が起こったばかりで痛みが強く、動かすのも辛い「急性期」
炎症はやや治まるが、無理に動かすと痛みがでる「慢性期」
動かしてもほぼ痛みはないが十分に動かせない「回復期」
となります。

症状が出始めてからすぐに治療すれば早く治りやすい傾向にありますが、時間が経ってしまい慢性期になってから来られる患者さんが多いです(´×ω×`)

運動不足などが原因ですが一番の原因は姿勢です。

五十肩の患者さんは猫背気味な方が大半です。
これを読んで「あっ」となった方は要注意!!
今は大丈夫でも五十肩になる可能性大です(><)

痛み始めた方は早めの治療が必要ですが、今大丈夫な方は予防が大事です\( •̀ω•́ )

当院のバイタルリアクトセラピーで姿勢を治しておけば五十肩だけではなく、肩こり、腰痛はもちろんギックリ腰の予防にもなります。

姿勢が悪いだけでたくさんの症状が出ます。

逆に言えば姿勢が良ければほとんどの症状は無くなりますので上記以外の症状でお悩みの方も気軽にご相談下さい(*^^*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA