腰椎椎間板ヘルニアとは

こんにちは!

神戸市兵庫区で唯一バイタルリアクトセラピーを行っております、たかはし整骨院です(^^)
今回は腰の疾患である腰椎椎間板ヘルニアについてお伝えします(^O^)/

 

一般の方でもヘルニアという言葉を一度は耳にされた事があるのではないでしょうか?

 

ヘルニアとは”突出する”という意味です。

 
背骨は積み木のように連なっており、背骨と背骨の間には椎間板というクッションがあります。

 
椎間板の中にはゼリー状の髄核(ずいかく)といわれる物があり、これが後ろ側(腰、背中側)になんらかの衝撃によって突出し、後ろ側にある神経を圧迫してしまいます。

image
椎間板と髄核はあんこが入ったおまんじゅうを想像していただくと分かりやすいと思います。

 
おまんじゅうの外側にある皮から中に入っているあんこが飛び出して神経を圧迫しているといった感じです(^^)

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状として腰の痛み、脚のしびれ、脚に力を入れにくい、歩行障害、尿がでにくいなどがあります。

 

昔はよく手術をすすめられるケースが多くありましたが最近では様々な治療法があり、手術をしなくても改善される事が多くなりました。

 
当院でもヘルニアによって歩く事が困難な方や常に脚にしびれがある方などが来院され、治療をさせていただいて仕事に復帰されたりスポーツを楽しまれている方もおられます(^^)

 
中には病院で手術と言われた方が改善されるケースもありました。

 
症状がきつくてもあきらめずに治療をすれば改善するケースはあります!

 

早めの治療が肝心ですので気になる事が少しでもありましたらお気軽にご相談くださいね(^^)!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA