理想的な座り方とは?

こんにちは!

神戸市兵庫区のたかはし整骨院、院長の髙橋です!

 

以前、立ち方と姿勢の関係について書かせていただきましたが今回は座り方と姿勢についてお伝えします‼︎(^^)

 

仕事や自宅でイスに座ったりソファーに座ったり日常生活の中で座る事って多いと思いますが座り方は意識されてますでしょうか?
患者様に普段の座り方、楽な座り方をしてもらうと、この座り方が楽という座り方は結構悪い姿勢になっている事が多い傾向にあります(^^;;
では正しい座り方はどんな座り方かといいますと、イスに座った時に骨盤の坐骨結節(ざこつけっせつ)がイスにしっかり当たっている状態が理想的な座り方となります。

 

image

 

イスに座った時に骨盤の少し出っ張った部分が当たっているのが分かりますでしょうか?

 

image

 

模型で示すとこの部分が坐骨結節になります。

 

正しく座った状態からわざと猫背の状態を作ってみてください。
イスに当たっていた坐骨結節がズレていくのが分かると思います。

 

image
猫背の状態では上半身の重みがしっかりとのっておらず、言い換えると坐骨結節に重みがのっていると猫背の状態を作る事ができません。

 

よく姿勢を正すといわれると胸を張って背中を伸ばす方が多いですがこれは腰の反りを助長しかねないので骨盤をしっかりと意識していただいた方が良いと思います(^^)
僕はもともと猫背が強く、座る時は骨盤を意識しているのですが坐骨結節を意識して座っていると腰、背中周りが痛くなったり重だるくなったりする事があります。
これは普段使えていない筋肉を使っている為ですのでこういった症状が出てきた場合は無理に姿勢を維持せずに違和感がおさまってからまた姿勢を正すようにしてください(^^)

 

これを続ける事で良い姿勢が楽になってきますし、なによりも無理なく続けないと継続する事は難しいですからね(^^)

 
髙橋調べによると猫背で悩まれている方は97.8%の確率で、
意識した時は背筋伸ばすんやけど気がついたらまた丸くなってるわ〜…
とおっしゃっています( ^ω^ )
これは整骨院あるあるですね( ^ω^ )

 

僕も含めて無理なく良い姿勢が続けれるように頑張っていきましょう*\(^o^)/*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA