治りが早い方、遅い方の違い

こんにちは!

神戸市兵庫区大開で骨盤矯正を行なっているたかはし整骨院です!

 

治療を継続して症状を改善していく上で改善が早い方、遅い方がいらっしゃいます。

 

もちろん元々の状態や今までどれだけ痛みを放置していたかなどにもよるのですが

今回は、

『治りが早い方、遅い方の違い』

についてお伝えします。

 

まずこちらのブログでもお伝えしましたが、

 

体がゆがむと痛みがでるの?

 

体の痛みは日常生活の使い方やクセによる負担が積む重なる事で発生しています。

 

1日の中で体に悪い事を思い返すといくつぐらいあるでしょうか?

 

立ち方、座り方、猫背、足を組む、肘をついてテレビを見る…

 

これら全て悪影響を及ぼす可能性があり、腰痛、頭痛、肩こり膝の痛みなど様々な症状を引き起こす可能性があります。

 

 

本題に入ると、

『治療から治療までの間をどのように過ごされているか』

これが大きく関係してきます。

 

治療から治療までの間に足を組むなどを行う事は、

 

【美容院できれいにセットしてもらって美容院から出た瞬間に頭をグシャグシャっとする】

 

【糖尿病の治療を甘い物をバクバク食べながら制限なしで行う】

 

【猫背の矯正をしたけど猫背の体勢を常にとっている】

 

ようなもんです。

 

要は治療効果を打ち消すマイナス要因が多いという事ですね。

 

症状が比較的早く良くなる方はプラスアルファこちらからお伝えした体操やストレッチ、運動などを積極的に行い努力されています。

 

治療は必ず患者さんの協力が必要となり施術者、患者さんどちらか一方が頑張っても効果が発揮されません!!

 

早期回復という目標は施術者、患者さん共に同じだと思いますので可能な範囲でのご協力をお願いいたします!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA