疲れた時に最適な食べ物

image

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院です(^▽^)

 

あなたは疲れた時、つい甘い物を食べていませんか?

 

「甘い物は脳の働きを良くする」と言われていますし

 

実際、脳のエネルギー源はブドウ糖(砂糖)です。

 

なので疲れた時、頭を使った時に甘い物が欲しくなるのは本能なのですが

 

この時、大抵の方はチョコレートなどのお菓子類を食べてしまいがちです。

 

安くて手軽で美味しいとなればそうなるのは当たり前なんですが(^◇^;)

 

チョコレートなどを食べると下がっていた血糖値が上昇し、

 

しかもブドウ糖はすぐに体に吸収され脳に運ばれるので疲れが取れスッキリした『気分』になります。

 

一瞬スッキリしてしまうので甘い物を食べると疲れが取れると勘違いしてしまうのですが、

 

実際はチョコレートなどは血糖値を急上昇させてしまうので体は急いで血糖値を下げようと急下降させてしまいます。

 

そうすると甘い物を食べる前より下がってしまい低血糖状態になると体はまた疲れや眠気を感じます。

 

また疲れを感じるので甘い物を食べる→血糖値が上がり一瞬スッキリ→血糖値が下がる→疲れる→を繰り返す(繰り返し続けると糖尿病のリスクアップ、肥満の原因に繋がる)

 

と負の連鎖が続いてしまいます。

 

では疲れた時はどんな物を食べればいいかというと

 

GI(ジーアイ)値が低いものを選んで食べてください。

 

GI値とはその食品を食べた時の血糖値の上昇スピードを表す指標の事です。

 

GI値が低い食べ物は緩やかに血糖値を上げてくれるので急激に血糖値が下がる現象を防いでくれます。

 

GI値が低く、手軽で美味しいもの。

 

それは果物ですd(‘∀’*)

 

ただし缶詰やジャム、パイナップルはGI値が高いのでダメです(‘ω’乂)

 

あとドライフルーツも甘みが増してしまいGI値が高くなっているものがあるので注意が必要です。

 

あとはピーナッツやアーモンドなどのナッツ類、ヨーグルト、プリン、ゼリーなどもGI値が低いのでオススメです!

 

毎日の食事もGI値が低い物を食べ続ければそれだけでダイエットや糖尿病予防になりますので興味がある方は調べてみてください。

 

食べ物で補うのもいいですが理想は疲れない体を作ることです。

 

当院のバイタルリアクトセラピーなら健康な体づくりが可能です。

 

バイタルリアクトセラピーについての説明は『こちら』をご覧下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA