アニマルセラピーをご存知ですか?

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院です(=^^=)

 

突然ですがアニマルセラピーという言葉はご存知ですか?

 

簡単に言うと動物の癒しの力で健康にしようといった治療方法です。

 

僕はセキセイインコとマメルリハとコザクラインコとウーパールーパーを飼ってます(*´ω`*)

 

ちなみにコザクラインコはつい先日お迎えしたばかりの生後1ヶ月の雛です(*´ω`*)

image

ちなみにこの子です↑(*´ω`*)

 

僕を見つけたら走って追いかけて来るのが可愛くて可愛くて仕事の疲れなんて忘れちゃいますね(*´ω`*)

 

僕みたいにペットに癒されて日々のストレスを発散している方も多いと思いますが

 

ペットが人間に与えてくれる効果はストレスを癒してくれるだけではありません。

 

 

日本も含め世界中で動物が人間にもたらす効果が研究されているのですが

 

大きく分けて生理的効果、心理的効果、社会的効果の3つがあります。

 

まず身体で起こる生理的効果は血圧を下げます。

 

オーストラリアの心臓研究所が行った調査で

 

心臓病の危険がある人を対象に動物を飼っている人の血圧は、飼っていない人に比べて約2%低く、コレステロール値も低いという結果が出ました。

 

散歩に行ったり餌を買いに行ったりと運動する時間が増えることが理由です。

 

次に心理的効果には不安を減らす効果があります。

 

ドイツで行われた実験で37ヶ所の老人ホームで100人の方にセキセイインコを飼ってもらい、6週間後に飼っていない対象者の方々を比較したところ、

 

飼っていたグループは、周りとのコミュニケーションが増え、それに伴い孤独や退屈が減り、自分の病気について考え過ぎなくなったという結果が出ました。

 

3つめの社会的効果については、ペットのおかげで人との交流が広がるという調査結果が多く、

 

日本動物病院福祉協会が1705人に行ったアンケートで

 

犬と散歩中に話しかけられたことがある人は88%

 

ペットを飼っていることで友達の輪が広がった人が68%

 

という結果が出ました。

 

この3つの効果が得られる事で生活の質が向上し、心と身体に良い影響をもたらしてくれる、ということですねd(‘∀’*)

 

実際に精神科医療、リハビリテーション医療にはアニマルセラピーが導入されている所が増えてきています。

 

例えば自閉症の子供に動物の世話をしてもらうという治療方法があり、そうすることで感情が豊かになり成長に繋がります。

 

他にも認知症の方がかつて飼っていた動物と触れ合うことで記憶を刺激したり、

 

股関節の動きが悪い方のリハビリに器具ではなく乗馬を行うという面白い治療もあります。

 

また、治療ではありませんが赤ちゃんの頃に動物を飼っているとアレルギー、喘息(ぜんそく)発症率が下がるという調査結果もあります。

 

ペットに何を飼おうか迷っている方にはインコちゃんオススメですよ〜(*´ω`*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA