デスクワーク時の姿勢による肩への負担

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院です(^o^)

image

お仕事でパソコンを使われる方で肩こり、首こりを感じたことがない

 

という方はほとんどいないと思います。

 

パソコンを使う姿勢でなぜ肩が凝るのか。

 

まずキーボードを打つ時、腕は前に出しますよね?

 

いくら姿勢を正していても腕を前に出せば肩も前に出ます。

 

肩が前に出る姿勢とは猫背です。

 

背中は丸くなっていなくても肩が前に出ていると、猫背程ではなくても肩の筋肉は前に引っ張られるので肩凝りの原因になります。

 

そしてあまり意識された事がないと思いますがモニターの高さも重要です。

 

姿勢を正した状態で真っ直ぐ前を向いた視線の高さにモニターがあるのが理想ですが

 

背の高い男性やノートパソコンでお仕事をされている方は目線より下にモニターがある場合が多く、

 

常に少し下を見ながらの作業になるので首や肩の筋肉にはかなりの負担がかかります。

 

対策として考えられるのは

 

肘を引いて軽く脇を閉じた状態でキーボードが打てるようにキーボードの位置を手前にする、もしくは机に近づく。

 

こうすることで肩が前に出るのを防ぎます。

 

この時、脇を閉じる事を意識し過ぎて脇や肩に力が入らないように気を付けましょう。

 

モニターの高さはデスクトップの場合はモニターの下に雑誌や箱などを置き、高さを調節して下さい。

 

ノートパソコンの場合は可能であれば外付けキーボードを使い、高さを調節して下さい。

 

ノートパソコンで1日中お仕事をされていた患者さんで上記の方法を試してもらった結果、症状はかなり改善されましたので

 

お困りの方は是非一度お試し下さいd(‘∀’*)

 

姿勢の治療を行うなら当院のバイタルリアクトセラピーで全身調整(矯正)をしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA