膝の水はなぜ溜まるのか

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院です(^o^)o

 

「膝の水とはなにか」「なぜ膝に水が溜まるのか」という質問をよく受けます。

image

まず関節は関節包(かんせつほう)という袋に包まれていて、その中に関節液(滑液)といういわゆる水で満たされています。

 

関節液の役割は2つあります。

 

まず一つは関節の軟骨に栄養を与えるためです。

 

関節の中には血管がほとんど通っておらず血液からの栄養補給が出来ないので関節液から栄養を補給しています。

 

もう一つは潤滑液の役目です。

 

関節液は異常がなければほぼ透明で粘り気があります。

 

関節液が無ければ膝の軟骨と軟骨がゴツゴツと当たってしまいボロボロになってしまうので関節液でスムーズに曲げ伸ばし出来るようになっているのです。

 

ではなぜ水が溜まるのか。

 

原因として関節液の排出と吸収のバランスが挙げられます。

 

関節液は滑膜(かつまく)という膜から分泌されるのですが、古くなった関節液を吸収する働きもあります。

 

普段は分泌と吸収のバランスがとれていますが、

 

膝に大きな負担がかかったり半月板などを痛めたりした場合、膝を守ろうと関節液を過剰に分泌してしまいます。

 

分泌が吸収を上回ってしまい、「水が溜まる」という状態になるのです。

 

水が溜まると整形外科で抜いてもらうという方が多くいます。

 

もし、水の溜まりすぎが原因でつっぱってしまい膝が曲げられない、という場合は一度抜いてもらっても大丈夫ですが

 

水を抜いたからといって水が溜まる原因が取り除かれたわけではないので、膝の痛みは続きますし水も再び溜まります。

 

何回抜いてもまた溜まるのでよく「クセになっている」と勘違いされている方がいますが、

 

上記のように溜まってしまう原因が治っていないのでまた溜まるだけなのです。

 

水が溜まらないようにするには膝に負担をかけない姿勢を作れば自然と過剰分泌は抑えられ、痛めている部分も回復します。

 

当院のバイタルリアクトセラピーは全身の骨格を調整(矯正)しますので膝にかかっている負担も取り除き、長年の痛みも治すことが出来ます。

 

どこへ行っても治らないとお悩みの方は一度当院にご相談下さいd(‘∀’*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA