膝の軟骨がすり減っていると言われた方へ

image

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院です(*^^)

 

膝の痛みに悩まれている方で整形外科でレントゲンを撮ってもらった際に

 

軟骨がすり減っていると言われた方はいませんか?

 

膝の軟骨はクッションの役割をしているので年齢を重ねると誰でもすり減るものです。

 

そしてすり減ったからと言って痛みが治らないわけではありません。

 

ではなぜ痛みがある人とない人がいるのかというと

 

体の歪みが原因で膝も歪み、可動域が低下しているからです。

 

膝のお皿は膝を曲げ伸ばしすると上下に動きます。

 

しかし可動域が低下するとお皿の動きも悪くなり、関節周りの筋肉、靭帯などが硬くなることで痛みに繋がります。

 

なので軟骨がすり減ったから痛み出したのではなく、歪みにより痛くなりレントゲンを撮ったら軟骨がすり減っていた、という方がほとんどなのです。

 

痛みの原因は歪みからくる筋肉への負担なので筋肉をほぐすだけでは痛みは治まりますが完全には治らず再発してしまいます。

 

完治を目指すなら当院のバイタルリアクトセラピーでの全身調整(矯正)で歪みを治して膝への負担を無くしましょうd(‘∀’*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA