湿布の使い方

image

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院です(*´∀`)

 

肩がこった、背中が張る、腰が痛い。

 

こんな時、家での対処はどうされていますか?

 

多くの方が湿布を貼ると答えるのではないでしょうか。

 

寝違え(寝違い)ぎっくり腰、足がつった後の痛み(こむら返り)、打撲など急に痛めた場合は効果的です。

 

しかし、慢性的な肩こり、背部痛、腰痛には効きません。

 

なぜなら慢性痛は炎症が起こっていない痛みだからです。

 

病院でもらった湿布の袋を見てください。

 

「経皮鎮痛消炎」「経皮吸収型鎮痛抗炎症剤」などと書かれていませんか?

 

簡単にいうと貼るだけで[炎症]を抑えて痛みを和らげますよ。という意味です。

 

なので炎症が起こっていない痛みには効果が無いのです。

 

同じ貼るならカイロをオススメしますd(‘∀’*)

 

温湿布は?とよく聞かれますが温める効果が弱いのでカイロの方が血流も良くなると思います。

 

ちなみに全身温めるなら足の裏にカイロを貼るのが一番効果的なので一度お試しください!

 

慢性痛を根本から治すなら当院のバイタルリアクトセラピーでの治療をオススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA