手根管症候群とは

こんにちは!神戸市兵庫区のたかはし整骨院です(^o^)o

過去に首の筋肉が原因で手が痺れる斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)を紹介しました。

なので今回は別の原因での手の痺れについて説明しますd(‘∀’*)

手の痺れる場所によって原因が変わるのはご存知ですか?

手の親指、人差し指、中指、薬指の親指側半分の痺れや痛みは正中神経の障害によっておこる手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)の可能性があります。

image

上の画像のように正中神経が靭帯に圧迫されている状態のことをいいます。

妊娠・出産期や更年期の女性に多いのが特徴で、まれに骨折や手首の使い過ぎ、透析をされている方にみられます。

原因は不明な事が多いですが、女性ホルモンの乱れによるむくみ(浮腫)、腱鞘炎や怪我によるむくみによって正中神経が圧迫されることもあります。

簡易的な手根管症候群を見極めるテスト法としてファレンテストというものがあります。

image

このように手の甲と甲を合わせて指を下に向けます。この状態で1分以内に手の痺れや痛みが酷くなる場合は手根管症候群の疑いがあります。

あくまでも簡易テストですので100%ではありません。

痛みや痺れを我慢して放っておくと母指球(親指の付け根の膨らみ)の筋肉が衰え萎縮し、膨らみが無くなります。

image

母指球が萎縮すると画像のような綺麗な丸のオッケーサインが作れず、親指が曲げれなくなります(;°д°)

手の痺れでお悩みの方はちゃんと親指が綺麗に曲がるか確かめてください。

手首に腫瘤が出来ている場合や母指球が萎縮してしまっている場合等は手術となる事が多いですが、それ以外は手術しなくても治ることがほとんどです。

当院のバイタルリアクトセラピーで手の痺れが治った患者様が沢山おられるので、痺れが気になる方、治療を諦めていた方は是非一度お越しくださいd(‘∀’*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA