外反母趾・巻き爪でお悩みの方へ

image

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院です(*^^)

歩き方の話に引き続いて今回は外反母趾について説明します(^o^)o

外反母趾と聞くと足の親指が曲がってしまう症状だと理解されている方が多いと思いますが、
実は親指だけではなく親指の手前にある細長い第一中足骨(だいいちちゅうそくこつ)という骨からゆがんでいるのです。

一昔前はヒールを履いている女性に多いとされていましたが、現在は小中学生や男性にも増えてきています。

理由は足の筋肉の未発達や衰えです。

健康指標の一つである「健康日本21」によると1日の歩数目安は成人男性9000歩以上、成人女性8500歩以上としていますが、2015年度の調査では男性平均7043歩、女性平均6015歩とかなり少ないことが分かります。

筋肉が十分にあるならば骨と骨をしっかりと繋いでくれているので問題は無いのですが
筋肉が支えきれていない状態で負担がかかり続けると中足骨に歪みが生じて、それにともない親指も変形してしまうのです。

ちなみにインドネシアの一部地域など世界の裸足で暮らしている地域では外反母趾の方はほぼいないそうです。

裸足で歩く分しっかりと指を使って地面を蹴って歩くため足底筋群(そくていきんぐん)が発達しており、外反母趾どころか偏平足にもなりにくいと思います。

ここで数日前の歩き方の話にも繋がるのですが

かかとを引きずって歩いて、ちゃんと指に力を入れて歩けていますか?

むしろ指が中敷きから浮いている人の方が多いのではないでしょうか(^_^;

指に力を入れて蹴り出すように歩く意識をするよう心掛けましょう!

それだけでも外反母趾の改善・予防に繋がりますd(‘∀’*)

外反母趾や偏平足が気になる方はタオルギャザーというトレーニングをしてみましょう!

image

画像のようにタオルを床に敷き、椅子に座り、足を乗せ、指だけを使ってたぐり寄せるという簡単な体操なのですが、
20~50代ぐらいの方にはこれだけでは負荷が小さすぎて効果があまり期待出来ません。

なので椅子で座ってするのが簡単な方は立って体重をかけて行ってください。

転倒する恐れがある場合は机やタンスなどに掴まりながら行ってください。

慣れてきたら手放しや片足立ちで行ってみてください。

くれぐれも転倒注意でお願いします(^_^;

外反母趾になる方は巻き爪になりやすい傾向にあるのでお悩みの方は早めに治療しましょう!

当院のバイタルリアクトセラピーは全身の骨格調整ですので足の歪みも矯正出来ます!

是非ご相談だけでもお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA