痺れの治療はお早めに!

image

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院スタッフの亀井です(^^♪

 

太ももの裏が痛い、痺れるといった症状でお困りの方。
それは梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)かもしれません。

 

俗に言う坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)です。

 

梨状筋症候群とは、梨状筋というお尻の深部の筋肉がこり等により硬くなるとその梨状筋のすぐ側を通っている坐骨神経(ざこつしんけい)に当たってしまい痛み、痺れが出る症状です。

 

原因のほとんどは体の歪み(ゆがみ)からくる座り方、立ち方、歩き方のクセが片側ばかりに負担がかかることによります。

 

指圧治療や電気治療では痛みや痺れを取り除くことは出来ますが、原因を治していないのでまた再発する可能性が高いです。

 

再発予防には当院のバイタルリアクトセラピーで骨格調整(矯正)を行うのが一番ですd(‘∀’*)

 

姿勢が良くなれば悪い方にかかっていた過度な負担が減るので症状は改善されます。

 

しかし痺れというのは症状が段々酷くなってから出てくるものなので人によっては治るのに時間がかかってしまいます。

 

最近違和感を感じ始めた方は早め早めの治療をオススメします!

 

手の痺れが気になる方はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA