ゆっくり休んでいるつもりでも・・・

こんにちは!
神戸市兵庫区のたかはし整骨院スタッフの亀井です(´∀`*)

一気に気温が下がりめちゃくちゃ寒くなりましたね((´д`)) ブルブル…
急な気温の変化で体調を崩さないようお気をつけ下さい。

こんな寒い日は暖房の効いた部屋でゆっくりテレビを見ている方が多いと思いますが、どんな姿勢で見ていますか?

何もしていないのに肩こりになる、腰痛になると言う方はほとんどが何もしていない時の姿勢が原因です。

〇悪い姿勢の例

image

●肘枕での横寝
画像右下の様な寝方は楽なようでかなり負担がかかっています。
背骨が横にしなる様な姿勢になるのでゆがみの原因にもなりますし片側筋肉ばかりに負担がかかります。

●横座り
画像の左下の正座を横に崩した、いわゆるお姉さん座りです。
この座り方は上記の肘枕での横寝と同じで背骨がくにゃっと曲がった姿勢になってしまいます。

●ソファーで寝る
ソファーで寝るの気持ちいいですよね(^_^;
しかしソファーはかなり柔らかいので腰が沈んでしまい過度なストレスがかかることで痛める原因になり、ぎっくり腰のリスクが高まります。
また肘置きを枕代わりに寝る方が多いと思いますがかなり高いので首も過度なストレスがかかり、寝違い(寝違え)も起こりやすくなります。

●あぐら
あぐらは骨盤が後ろに倒れてしまうので、腰を丸めて顎を突き出した猫背の姿勢になります。
首、肩、背中、腰に負担がかかります。

●腕組み
腕を組むクセがある人、寒いと腕を組んでしまう人は要注意。
姿勢には関係無さそうですが腕を組むと肩が前に出て、前屈みになり猫背を助長させてしまいます。

どれもした事ある姿勢だったのではないでしょうか?

もしかしたら仕事での疲れだと思っていても普段の過ごし方のせいだったということも有り得ます。

image
この画像のように
①深く座る
②足の裏がピッタリと床に付く
③膝90度
④股関節90度

で座るのが理想です。
なかなか難しいと思いますが少しずつ習慣付ければ体の不調は改善されていくでしょうd(‘∀’*)

バイタルリアクトセラピーを受けながら良い姿勢の習慣が身に付けば完璧ですΣd(°∀°d)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA