交通事故の後遺症を防ぐ、むち打ちの専門治療が受けられます
交通事故の後遺症を防ぐ、むち打ちの専門治療が受けられます

当院では兵庫区で交通事故の衝撃でむち打ちになってしまった方の治療を行っています。

原因

事故のイメージ
むち打ちは車での衝突事故、後方からの追突、急に停車した際など自動車事故の他、スポーツによる強い衝撃、転倒などによって発生します。

後方から車で追突された場合、体は前に押し出されるので首だけ後ろに反り返った状態になります。
そして首が体についていき、前方に押し出され、今度は前屈したような状態になります。
自動車事故の衝撃は低速であったとしても首や腰への負担が大きいと言われています。

正式名称は外傷性頚部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)といいますが、このように首がムチのようにしなる事からむち打ちとも呼ばれています。

症状

自動車事故によるむち打ち(靭帯損傷)のメカニズム
自動車事故によるむち打ち(靭帯損傷)のメカニズム

強い衝撃により首が前後左右に振られると、首周辺の筋肉、靭帯に負担がかかり損傷します。
受傷時は興奮状態にある為、自覚症状がない場合がありますが、翌日や数日後に痛みや様々な症状が発生します。

代表的な症状として、

首・肩の痛み、コリ
◯首・肩の痛み
◯コリ
◯各関節の痛み
◯手足のしびれ
頭痛
◯頭痛
◯めまい
◯耳鳴り
◯倦怠感
吐き気
◯吐き気
◯睡眠障害
◯集中力の低下
◯食欲不振

などが挙げられます。

一旦症状が治ったとしても、寒い日や悪天候の日に症状が再発する事があります。

治療、予防

むち打ちはレントゲンに写らない場合がある
むち打ちはレントゲンに写らない場合がある

むち打ちは放っておくと後遺症を残すケースが多い為、早期に適切な治療を受ける事が重要です。

症状があるのにも関わらず、レントゲンには異常がみられないケースもあります。

たかはし整骨院では初診時、熱感はないか、どの方向にどれだけ動かすことができるか、どの筋肉が損傷しているか、身体全体のバランスは崩れていないかなどを検査します。

熱感があれば冷却をし、熱を取る事で痛みを抑えます。
そして特殊な電気治療器を痛みを抑制するモードで使用し、炎症を抑える作業を優先的に行います。

むち打ち治療の施術の様子
むち打ち治療の施術
熱感がない場合は可動域の改善、硬くなっている筋肉を緩めていく施術を行います。
当院独自の指圧法で筋肉を緩め、治療経過によってはバイタルリアクトセラピーにより治療します。
特殊な電気治療器を細胞を活性化させるモードで並行して使用し、血流を促進し、治癒を早めます。

予防法として運動、ストレッチ、温熱療法などが挙げられます。

運動は強度の低いウォーキングなどから始め、徐々に強度を上げていき、ジョギングや筋力トレーニングなどに移行していく事が理想的です。

ストレッチは痛みがある場合や患部に熱感がみられる場合は無理に行わず、痛みを伴わない範囲で反動をつけずに行う事が重要です。

患部がズキズキ疼いたり熱感がある場合は保冷剤などをあて、熱を取ることを優先的に行いますが、痛みや熱感がみられない場合は患部を温め、血流を促進します。
交互浴などを定期的に行う事で、より効率よく血流を促進する事が出来ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA