どこに行っても治らなかった首の痛みを治療します
どこに行っても治らなかった首の痛みを治療します

当院では原因を見つけ出し、根本的な治療を行う事で様々な症状を改善する事ができます。

◯慢性的な肩コリ、首コリ
◯寝違え
◯むち打ち
◯頚椎椎間板ヘルニア
◯ストレートネック
◯頚椎症

などの症状が当院の治療で改善されており、他にも様々な首の痛みに対応できるよう最新の治療機器を導入し、体制を整えております。

日常生活で気をつけていただく事や当院独自の体操法や正常な姿勢の作り方をお伝えしますので、治療と並行して行う事で早期に改善する事ができます。

首の痛みに悩む患者さんの通院事例

首の痛みを改善するために必要な症状の確認
患者様からお話をお伺いし、慎重に首の痛みの原因を追究していきます
当院には多くの患者様がそれぞれ様々な首の痛みに関する症状で通院されています。
その中でも症例の多い状態について参考事例をご紹介します。

寝違え

朝起きようとすると首に激痛があり、来院された時には首を少し動かすだけで痛みが出るので、全く動かす事ができない状態でした。

痛みが強い部位を揉んだり叩くと炎症がおこり痛みが強くなる為、アイシングを行い炎症を抑えます。

ワディットで痛みをブロックする電気をあて、手技により可動域を改善するよう施術します。

バイタルリアクトセラピーにより頚椎を検査し、動きが悪くなっている部分を見つけ出し矯正します。

1回目の治療で痛みは残るものの、動きは7割ほど改善され、自宅で行える事をお伝えし、2回目の治療で9割、3回目の治療で首を大きく動かしても痛みが出なくなりました。

頚椎椎間板ヘルニア

もともと肩コリ、首コリが強い方で、ある時から首を前後に倒すと左手にしびれと痛みが出始めました。

始めは生活に支障がでないくらいの症状でしたが次第に首を動かさなくても常に手がしびれるので総合病院でレントゲン、MRIを撮ってもらうと頚椎椎間板ヘルニアと診断されました。

ここまで進行すると手術しかないと言われ悩まれていた所、当院のホームページを見られて来院されました。

初診時は首の痛みが強く、ベッドに仰向けで寝転ぶのもやっとといった状態でした。

当院では椎間板ヘルニアは筋肉の硬さが大きな原因となっていると考えておりますので、ワディットで筋肉をほぐして刺激をあたえ、細胞を活性化させる電気をあてました。

首、肩の筋肉をほぐしていくと椎間板にかかる圧力が減少する為、結果的にしびれや痛みが和らぎます。

バイタルリアクトセラピーにより左右のバランスを整える事で、片方に負担が偏らない体を作ります。

今回の患者様は左側に負担がかかるようにバランスが崩れていた為、左側の筋肉の緊張が強くヘルニアを発症し、しびれも左側に出てしまいました。

この偏った負担を分散することで椎間板にかかる負担を減らす事ができます。

週に2回治療を行い、1ヶ月後にはほとんど症状がなくなり、その後数回の治療で全く気にならない状態となりました。

治療を継続して良い状態を保つ事で自然と症状は消えていきます。

病院で手術を宣告された場合でも、当院の治療で手術をせずに治るケースもありますので、ぜひご相談いただけたらと思います。

むち打ち

信号待ちで停車中に後ろから追突され、首がうずいて痛むという事で来院されました。

強い衝撃を受けており、首の筋肉は硬くなって緊張が強く、患部には熱感がみられました。

夜はぐっすりと眠れず、日中は倦怠感と頭痛に悩まされ、仕事に支障が出るほどの状態で、首を動かす角度によっては手にしびれが出るという状態でした。

初回の治療は痛みを抑える事を優先し、アイシング後、ワディットにより痛みをブロックする電気を当てました。

2回目以降は手技治療により筋肉を緩めていき、バイタルリアクトセラピーを行いゆがみを整えていきました。

骨格を整える事により神経の働きが正常化され、頭痛などの痛みやしびれ、倦怠感などを早期に改善する事ができます。

頭痛や倦怠感、不眠などの症状は早期に改善され、自賠責保険での治療期間が終了する頃には首の痛みやしびれもなくなり、無事に仕事に復帰されています。

頚椎症

首の痛み、肩こり、上枝の痛み、しびれ、感覚鈍麻、手指の動きのぎこちなさ(巧緻運動障害)、歩きにくさ(歩行障害)などを感じた場合、頚椎症の疑いがあります。

頚椎症 – Wikipedia
頚椎症(頚部脊椎症、cervical spondylosis)とは、頚椎の椎間板、ルシュカ関節、椎間関節などの適齢変性が原因で、脊柱管や椎間孔の狭窄をきたして症状が発現した疾患である。そのうち脊髄症状を発現した場合を頚椎症性脊髄症、神経根症が発現した場合は頚椎症性神経根症とよぶ。神経根症では主に一側性に痛みやしびれが生じる。

頸肩腕症候群

首(頸部)から肩・腕・背部などにかけての痛み・異常感覚(しびれ感など)を感じた場合、頸肩腕症候群の疑いがあります。

頸肩腕症候群 – Wikipedia
頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん、英: cervico-omo-brachial syndrome)は、首筋から肩・腕にかけての異常を主訴とする整形外科的症候群の一つである。肩腕症候群(けんわんしょうこうぐん)、頸腕症候群(けいわんしょうこうぐん)などともいう。

当院だからできる特別な治療

neck-top-2当院では最新の医療機器や効果のある治療方法を積極的に取り入れて治療にあたります。たかはし整骨院は高価な医療機械や技術を導入・改善することで、来院される患者様が、技術力の高い治療を受け続けることができて、少しでも早く、体の痛みが改善されるための治療をしています。

バイタルリアクトセラピー

バイタルリアクトセラピーの施術
バイタルリアクトセラピーの施術
高精度のコンピューター治療器により背骨を正常な位置に矯正します。

背骨は積み木のように積み重なって構成されており、1つ1つの背骨に機械を当てる事により、どの骨がうまく動いていないかを探し当てます。

問題のある箇所に低刺激の振動を当て、動きを改善していきます。

背骨は正常であればS字にカーブしているのですが肩コリ、首コリが強いと湾曲がなくなりストレートネックと呼ばれる状態になってしまいます。

背骨を矯正する事により正常なカーブを取り戻し、首、肩周辺の問題を取り除く事ができます。

ワディット

ドイツで開発された最新の電気治療器
ドイツで開発された最新の電気治療器
ワディットは医療先進国であるドイツで開発された最新の電気治療器です。

これまでの電気治療器は表面の筋肉にしか刺激が伝わらず治療効果が出にくかったのですが、ワディットでは電気刺激が深部まで届く為、コリを根本から取り除く事ができます。

また、コリをほぐすだけでなく、痛みをブロックする電気、代謝を上げて体質改善を目的とした電気、筋力増強を目的とした電気など様々な種類の電気を搭載しておりますので用途に合わせて使い分け、さらに治療効果を高める事ができます。

電気刺激はチクチクとした刺激ではなくジワっと広がるような心地よい感覚ですので、電気が苦手な方にもおすすめです。

首の痛みの治療についてのまとめ

たかはし整骨院では首の痛みは単に首だけの問題ではなく、不良姿勢や重心のアンバランスなど、骨格のゆがみから発生するものだと考えております。

骨格がゆがむ事により、ねこ背などの不良姿勢を引き起こし、肩、首の筋肉がコリやすく硬くなってしまいます。

硬い筋肉は伸び縮みができず、柔軟性に乏しい為、寝違えたり、何気ない動作で傷めたりしやすい状態といえます。

また血流が悪くなる為、体が重だるく感じたり、鈍痛を引き起こしたりもします。

デスクワークによる過労やスマホの普及により日常的に肩、首に負担がかかりやすい現在の社会情勢ですが、体操を定期的に行い姿勢を正す事で悪化を予防する事ができます。

治療を受けていただき体のバランスを整える事も重要ですが、治療自体1日の内ではほんの一部分に過ぎず、治療を受けていない日常生活の方が長いので、ご自身で予防していただく事が必要となります。

体操方法や運動の仕方など、お一人お一人に合ったやり方をお伝えさせていただきますので、お気軽にご相談いただけたらと思います。


首の痛み」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA