hiza-top-1

膝の内側や外側、靭帯などに違和感や痛みを感じることはありませんか?
当院であればこれら膝の痛みの治療をすることが可能です。

原因

膝関節の痛みを引き起こす原因として、加齢に伴う負担の蓄積やスポーツをしていて外傷性(ケガ)によるもの、膝関節の病気によるものなどがあります。

加齢と共に負担が蓄積する事により発症する変形性膝関節症や、ジョギングなどの運動を継続的に行う事で膝が痛くなる慢性的な症状は膝のみに原因がある訳ではなく、足首、股関節、骨盤の歪みなどが原因となるケースが多くみられます。

股関節や足首の動きが悪くなると膝にかかる負担を分散する事ができなくなり、膝への負担が増加します。

膝関節面全体で膝への衝撃を受けているのであれば問題ないのですがバランスが崩れ、膝関節の一部に負担がかかり続けると変形が進行したり痛みとなって現れます。

膝には、平地を歩いている時でも体重の約3倍、走っているときには約10倍、階段の上がり下がりでは約7倍の荷重がかかる為、体重の増加により膝への負担が増し、痛みの原因となります。

その他の原因として、偏平足やO脚、X脚、外反母趾、骨折後の変形治癒などが挙げられます。

症状

膝関節に発症する症状として、

○膝の違和感
○膝の痛み
○膝に水が溜まる
○膝折れ感やこわばり
○膝の変形

などがあります。

膝に違和感がある程度の症状から始まり、進行すると痛みが出て来たり、脚に力を入れにくく膝がカクっと折れるような感じがみられる事もあります。

痛みが強くなると炎症がおこり水が溜まります。

さらに負担がかかり続けると徐々に変形が進行します。

治療方法

膝の治療は治療開始が早ければ早いほど悪化を防止する事ができます。

膝に違和感がみられたり、痛みが軽い時期に膝だけでなく周囲の関節の動きを良くしておく事で膝への負担を減らす事ができます。

一度変形してしまったものは元の形状には戻らない為、変形が進行する前に治療を開始する事が重要です。

当院ではまず硬くなっている股関節周辺にある筋肉や、脚の筋肉を緩めていきます。

またお皿や膝関節の可動域を上げる為に関節の調整を行います。

水が溜まっている場合は炎症を併発しているケースが多い為、アイシング(冷却)を行う場合もあります。

電気治療器を使い、炎症を抑制し、膝関節周辺の細胞を活性化させ、痛みの軽減と機能を向上する事により治癒を促進します。

バイタルリアクトセラピーでは全身のバランスを整える事が出来るので、原因となっている足首や股関節、骨盤を正常な位置に調整する事ができます。

膝の痛みをとり、原因となる膝関節周囲の関節の動きを良くする事が根本治療となります。