waist-top-1
腰が痛いと感じたことはありませんか?
当院には神戸市兵庫区にお住いの腰の痛みに悩む患者さんが多数来院されております。

腰の痛みの原因って何?

腰に痛みを引き起こす疾患名として、

◯腰椎椎間板ヘルニア
◯筋筋膜性腰痛
◯腰部脊柱管狭窄症
◯ぎっくり腰(急性腰痛症)
◯腰椎分離・すべり症
◯変形性腰椎症
◯脊柱側弯症(脊椎側弯症)
◯腰痛症

などが挙げられます。

名称は様々ですが、元をたどると原因となっているのは筋肉である事が多く、早期に治療を開始し、原因を取り除く事が根本治療となります。

当院では原因を探し出し、症状と原因両方に対して治療を行うため、様々な症状を改善する事ができます。

腰の痛みで悩んでいた患者さんの事例

waist-top-2
腰の痛みといっても、原因は様々で、治療から完治までの流れも患者さんの症状にあわせて変わります。
ここでは腰の痛みで悩んでいた患者さんの事例をご紹介させていただきます。

ぎっくり腰で悩んでいた30代 女性のお話

自宅で掃除機をかけていて、前かがみの体勢をとった時に、腰にズキっとした痛みがはしり、痛みにより立ち上がる事ができなくなりました。

付き添いの方に手を貸してもらい、腰を前かがみに倒した状態で来院されました。

初診時、ジッとしているだけでもズキズキ痛むといった状態で、ベッドに寝転ぶのもやっとでした。

腰に痛みが強い場合は横向きで丸くなるような状態を作ると比較的痛みがましになる為、横向きの体勢で施術を行いました。

患部に無理な刺激を加えると炎症が強くなり痛みを伴う為、患部以外の周囲の筋肉を緩めるように手技により治療しました。

続いて患部にはワディットを使い、炎症、痛みを抑えるモードで電気治療を行いました。

電気治療終了後、痛みは残るもののましになり、前屈、後屈の動きが少しずつでてきました。

最後にバイタルリアクトセラピーにより全身の調整を行いました。

骨格が歪む事により前後左右のバランスが崩れ、筋肉に硬さがでてきます。

アンバランスを解消すると患部にかかっていた負担が軽減する為、ぎっくり腰の痛みがましになり、治りも早くなります。

初回の治療で痛みが半分になり、次の日に初回と同じ内容の治療を行い、治療後には7割方痛みがとれました。

三回目の治療後にほぼ痛みが消失し、日常生活に支障がない状態にまで回復されました。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みに悩んでいた40代 男性のお話

3週間ほど前から右足にしびれを感じるようになり、毎日整形外科に通院されていました。

整形外科でMRIを撮り、腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

しびれが強い為、病院では手術をした方が良いと言われたみたいですが、手術はしたくないという事で、リハビリとして腰に電気を当て、腰を機械で引っ張る牽引療法を受けていましたが一向に改善しないという事で当院に来院されました。

仕事がデスクワークの為、イスに座っている状態が多く、座っているとしびれが強くなるとの事でした。
また歩いていると腰が痛くなり段々と足にしびれが出てくる為、長時間歩く事ができず、夜寝ている時も腰痛、しびれで目が覚めるといった状態でした。

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板から髄核と呼ばれるゼリー状の物が後方へ飛び出し、神経を圧迫している状態です。

ヘルニアの原因となっているのは筋肉である事が多く、特に深部の筋肉と密接に関係している為、筋肉をいかに緩めるかが治療のポイントとなります。

まずは腰周辺の表面の筋肉を手技により緩めていきます。

続いてワディットで電気治療を行います。

ワディットは電気刺激が深い所まで届くので、手では触る事のできない筋肉にアプローチする事ができます。

バイタルリアクトセラピーで全身の骨格を整える事により腰にかかる負担を軽減し、ヘルニアの治癒を促進します。

2週目までは二日に一回の治療を行い、3週目に入る頃にはしびれの強さが半分程度、腰痛も半分に軽減しました。

4週目以降は週に二回の治療を行い、一月半が経過する頃には腰痛、しびれは全く感じなくなりました。

長時間の歩行やデスクワークも難なくこなせるようになり手術をせずに改善したという事で大変喜ばれました。

今では予防としてひと月に一度メンテナンスとしてご来院いただいています。

今回のケースのように手術と言われたケースでも改善する事はありますので、あきらめずに早めにご相談ください。

腰の痛みの治療

当院での腰の痛みの治療は手技療法とバイタルリアクトセラピー、電気治療になります。
ここではそれぞれの治療について詳しく説明していきます。

手技療法

直接体を触診させていただいて原因となっている筋肉に対して指圧などを行いアプローチします。

当院で行っている方法は単なる指圧とは異なり、筋膜リリースというテクニックで治療します。

筋肉だけでなく筋肉を包んでいる筋膜も同時にゆるめる事で単に指圧を行うよりも治療効果が上がります。

また、体に負担なく筋肉を瞬時に緩める事ができる、当院独自の治療法を行っています。

手技治療を終えた後は各関節の動きが良くなり、可動範囲が広くなった事を実感していただけると思います。

バイタルリアクトセラピー

高精度のコンピューター治療器により背骨を正常な位置に矯正します。

背骨は積み木のように積み重なって構成されており、1つ1つの背骨に機械を当てる事により、どの骨がうまく動いていないかを探し当てます。

問題のある箇所に低刺激の振動を当て、動きを改善していきます。

背骨は正常であればS字にカーブしているのですが、カーブが少なくなりまっすぐな状態になったり、逆にカーブが強くなると筋肉に余分な負担がかかり、ぎっくり腰やヘルニアなどの腰痛を引き起こします。

背骨を矯正する事により正常なカーブを取り戻し、腰周辺の問題を取り除く事ができます。

ワディット電気治療器

ワディットは医療先進国であるドイツで開発された最新の電気治療器です。

これまでの電気治療器は表面の筋肉にしか刺激が伝わらず治療効果が出にくかったのですが、ワディットでは電気刺激が深部まで届く為、コリを根本から取り除く事ができます。

また、コリをほぐすだけでなく、痛みをブロックする電気、代謝を上げて体質改善を目的とした電気、筋力増強を目的とした電気など様々な種類の電気を搭載しておりますので用途に合わせて使い分け、さらに治療効果を高める事ができます。

腰に使用する場合は、熱感があれば痛みをブロックする電気、筋肉の硬さを取り除く場合は細胞を活性化させる種類の電気を用います。

細胞を活性化すると1度の治療で前屈、後屈などの動きが大幅に改善する事もあります。

電気刺激はチクチクとした刺激ではなくジワっと広がるような心地よい感覚ですので、電気が苦手な方にもおすすめです。

腰痛でお悩みの方へ

長時間のデスクワーク、力仕事、家事、スポーツ、育児など腰に負担がかかる要因は日常生活においてありふれています。

腰痛の自覚症状がない方でも腰の筋肉を触ってみると硬くなっている事もあり、そのような状態のまま放っておくと突発的にぎっくり腰になってしまうケースもあります。

日常生活の中で腰に負担が蓄積され、どんどん体が悪くなっているのにも関わらず自覚症状がない為に全く気付かないという事です。

こういったケースもあり、日常生活の中で腰には必ず負担がかかっていると思っていただいた方が良いと思います。

骨格を調整すると筋肉のバランスが整い、予防にもなりますので自覚症状がない場合でも定期的に検査、治療を受けられる事をおすすめします。

また、腰痛は腰だけが原因となっておこるのではなく、足の筋肉や股関節周辺の筋肉、離れてはいますが首のトラブルが腰痛の原因になったりもしますので原因となっている全ての問題を解消する事が腰痛の根本治療となります。

当院では症状に対してではなく、原因に対して治療を行い、座り方や立ち方、歩き方などその方に合ったアドバイスをさせていただきますので完治を目指す事ができます。

悪くなった期間が長いとその分治るまでの期間も長くなってしまいますので、腰に少しでも違和感などがありましたらなるべく早めにご相談ください。